危険だと言われているミシガン州デトロイト市内にオレゴン州ポートランドから引っ越してきた30代女性のブログ

デトロイトのネガティブな情報が多いようです。このブログではデトロイト市内に住む私が最新のデトロイトの面白いところをお伝えします。デトロイト市内の古い家を購入してDIYリノベーションをする奮闘記もぜひ。

古いものを再利用できる環境が好き

古着とか中古家具とか食器とか、古いものを使うのが好きです。

 

アメリカに来てからは服とか、家具とかできるだけ新品のものを買わないで生活してます。

ポートランドではGoodwillとか古着屋さんによく行ってました。アメリカ製の古い食器や服とか安く買えるから大好き!デトロイトではまだ古着屋行ったことないけど中西部はSalvation Army(Goodwillと同じ寄付型の中古屋さん)が主流らしいです。

 

あとEstate Saleってものありますね。これもすごくおすすめ!

亡くなってしまった人の持ち物を全部売るセールのことで、その人の家を週末なんかに開放して、家のものを売ってます。聞いた話では売り上げはその人のお葬式などの費用にあてられるらしいです。

その人の趣味によって売っているものは様々で、家の中に半世紀以上眠っていたようなものがいい状態で保存されていたりするし、知らない家の中を覗けるのも楽しいです。

最終日には全て半額になることがほとんどなのでそれを狙うのもおすすめ。

 

さて、Estate Saleとか古着屋さんはまた今度書くことにして、今回はデトロイトにあるArchitectural Salvage Warehouse(ASW)を紹介しようと思います。

 

ポートランドにあるRebuilding Centerと同じで、古い家を取り壊した時に出る産業廃棄物の中から使える木材とか、古い窓やドア、装飾などをReclaim (再生利用)する場所です。Rebuilidng Centerは日本のポートランドのガイドブックにも載っていますね。

 

ASWは主に商業用の家具とか内装を作っていますが、個人向けに色々売ってたりもするらしいです。

 

ASWの工場の中はこんな感じ。

f:id:PDXtoDetroit:20170224012751j:plain

古い木材の山!です。フォローリングとか梁とか、これらを綺麗にして家具を作っています。

 

今作っているのは地元のバーで使うカウンターだそうです。

f:id:PDXtoDetroit:20170224013147j:plain

地元から出た、使われなくてゴミとして埋められちゃったかもしれないものがこうして素敵にreclaimされて、地元のお店で使われるって、いいなーと思います。

ちなみにカウンターの上にある箱みたいなのも彼らの作品で、スピーカーになるスマホホルダーなんだって。これも素敵!

 

ギターのボディーなんかも作っているらしく、地元のお店で売られていました。

f:id:PDXtoDetroit:20170224014000j:plain

 

新しいものを買って使うのは便利で、時間と労力の節約になるのかもしれないけれど、古いものを一手間かけてきれいにして使う方が、物に愛着が持てるし、面白いものが手に入るので好きです。

 

今の時代、音楽も、映画やドラマも、服も、簡単に手に入りすぎて、物や情報が右から左へどんどんすり抜けていくだけで、虚しい感じがします。だから音楽ストリーミングじゃなくてレコードで聴いたり、H&Mじゃなくて古着だったり、あえて一手間かけて物を消費したいと思います。

 

実際のところは、、、難しいけどね。便利すぎて。

 

ただ単に既存のものを消費するだけでなく、今あるリソースをうまく使う。そんな生活を目指したいです。